ワクワク展覧会情報

気になる展覧会の情報を見て私がワクワクするブログです♪

2021.7

やわらかくなってみる

すごく良いコンセプトだなぁと思いました。ピリピリとした緊張感が漂い落ち着かない昨今、やわらかくなることで見えてくるものがあるかもしれません。

鳥がトリであるために

鳥の展覧会です!鳥類の特徴や骨格など、たくさんの鳥たちとその生態を紹介してくれるのだとか。鳥好きにはたまらない企画ですね。

海竜~恐竜時代の海の猛者たち~

海の恐竜、海生爬虫類をメインテーマとした熱い展覧会です!世界初公開や日本初公開を含む総数約80点の標本が集まるとのこと。恐竜を浴びに行きたいです。

イスラーム王朝とムスリムの世界

知っているようで全然知らないイスラームの文化を視覚的に知ることができそうな展覧会です。未知の何かに出会えるかもしれません。

KAWS TOKYO FIRST

20年前も日本で個展が開催されたことがあるとは知りませんでした。20年の時を経て、今度は私たちにどんな世界を見せてくれるのでしょうか。

くんくんかずんでん~におい図鑑~

「くんくん」はわかりますが「かずんでん」とは…?答えは「嗅いでみて」を意味する鹿児島弁なのだそうです。においにスポットをあてた展覧会、あなたの嗅覚が試される…?

土イジり

良いタイトルの展覧会ですね!とても楽しそうです。土に向き合う!私も向き合ってみたいです。

THE モンスター展 II

攻撃と防御、という副題が付いています。絶対楽しい。進化の過程で生物が身に着けたあらゆる能力を知ることができそうです。

北斎づくし

今年は葛飾北斎がらみの展覧会が多いですね。その中でもこれはお祭り感があって華やかな印象を受けます。どのような北斎を見せてくれるのでしょうか。

ボトルシップ作品展 会いに行ける帆船

会いに行ける帆船!素敵なテーマですね。ボトルシップという芸術と港の歴史、この博物館らしい企画でワクワクします。

鉱物と宝石の教室

鉱物を生活と結び付けて考えるきっかけになりそうで良いですね。宝石についても取り上げてくれるそうですよ。

ゆかたと藍の世界

浴衣とは!また風流な企画ですね~。普段あまり気にすることのない浴衣の歴史や伝統を知ることができそうです。

ざわつく日本美術

作品を見た時の心のざわめき…確かにそういう言葉にならない何かを感じることはよくあります。作品とともに自分にも目を向けることができるかもしれません。

恐竜科学博

パシフィコ横浜でやる恐竜展…それだけで暑い夏が来た!という感じがします。

大江戸の華 ー 武家の儀礼と商家の祭 ー

江戸時代は本当に面白い時代で見所いっぱいですよね。江戸時代の魅力をまた、発見できそうです。

毒をもつ生きものたち -生き残りをかけた大作戦-

私が大好きなやつです。絶対に楽しい…!好奇心の赴くまま、毒をもつ生き物たちについて学びに行きたいです!

怖い浮世絵展

これぞ夏の企画!夏といえば怪談です!!

植物 地球を支える仲間たち

魅惑の植物ワールドにせまるなんとも楽しそうな展覧会です。身近な存在でありながら詳しく知らないことも多い植物という存在、どんな姿を見せてくれるのでしょう。

恐竜展2021

夏といえば恐竜!異論は認めない!!ということで恐竜展です。ちびっこウキウキ!大人もワクワク!

ルール?展

「ルール」とポジティブに向き合う力を養う展覧会、とサイトにはあります。普段意識せずとも触れている様々なルールについて思いを巡らせるきっかけになってくれそうです。

ポケモン化石博物館

この展覧会を知った時、最高の企画だと思いました。ポケモン好きも化石好きも、どちらも好きな私のような人間も、みんなが大興奮できるような熱い展覧会になりそうですね。

カラクリ展

仕組みはわからなくても見ているだけで面白いカラクリ人形。ですが、仕組みがわかればもっと面白いはず!

江戸の天気

私たちの生活と密着な関係がある「天気」に着目しているということで、昔の浮世絵も身近な感覚で鑑賞できるかもしれませんね。

恐竜展—歯から見る恐竜時代—

東京農業大学主催の企画展「歯から見る恐竜時代展」の巡回展となるこの展覧会は、恐竜の「歯」に注目するということで、新たな恐竜の魅力を発見できるかもしれませんね。

ルネ・ラリック リミックスー時代のインスピレーションをもとめて

装飾という芸術…「自然」を注意深く観察して作り上げてきたというルネ・ラリックの作品を堪能できる展覧会です。綺麗…。

虫・ムシ・むし―アジア美術で虫あつめ!

夏が来たぞ~!!!といった感じの素敵な展覧会です。美術館で虫に触れるというものなかなか良い思い出になりそうですね。

どこか遠くへ:グラフィックにみる旅のかたち

堂々と旅をすることが難しくなっている気がする昨今、旅に思いを馳せている人も大勢いると思います。旅を思わせるデザインを見て、人々は何を感じるのでしょうか。

招き猫亭コレクション 夏-猫ビヨリ

夏は猫!!(?)猫にまつわる作品に触れて猫まみれになりましょう!

美術にアクセス!―多感覚鑑賞のすすめ

とても良いコンセプトだな~と思いました。一言で美術を鑑賞すると言っても、そのやり方は多種多様、そして人それぞれ。美術との関わりについて深く考えることができそうです。

ゲーセンミュージアム〜この夏、博物館はゲームセンターになります。

行きたい。これは行きたい。昔懐かしいアーケードゲームと博物館の融合!夏にピッタリな熱い展覧会ですね。