ワクワク展覧会情報

気になる展覧会の情報を見て私がワクワクするブログです♪

2021.12

大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語

古代エジプトがテーマの展覧会は非常に多い印象ですが、こちらは6体のミイラに焦点をあて、生前の生き方や当時の文化を知ろうと試みるという内容です。科学が発展し新たにわかるようになったミイラの秘密とは…!

印象派・光の系譜―モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン

初来日の絵画がとても多いですね!!「あなたの知らないモネが来る」といううたい文句になっていますが、もちろんそれだけではありません!

縄文2021 ―縄文のくらしとたてもの―

江戸東京博物館の展覧会との連動企画、こちらは「住居」に特化した展示です。縄文時代の住居…非常に気になります。

縄文2021 ―東京に生きた縄文人―

縄文時代の人々はどのような暮らしをしていたのか。知っているようで知らない縄文人の暮らしぶりを探る展覧会です。ここは当時の庶民の生活を細かく展示してくれる博物館という印象があるのでこれも楽しみですね。

いのちと向き合った医師たちの挑戦

江戸時代に命と向き合った医師たちの軌跡を辿る展覧会です。現代医療の源流は江戸にある、ということで数々の努力や偉業が紹介されています。

難波をうたう

これは良い企画ですね!ただ万葉集を知るだけでなく「モノ」と一緒に知ることで理解が深まって面白いと思います。

モダン建築の京都

建築に興味がある人必見!いや、興味がなくても面白そうです。私自身建築を軸として京都を見たことがなかったので、新しい視点を見せてくれそうでワクワクします。

こわいな!恐怖の美術館

恐怖とインスピレーションは繋がるものがあるのかもしれません。私たちが恐怖を感じる時に生まれる何か別の感情…そんな何かに思いを馳せて…。

美男におわす

確かに「美人画」はいろんな美術館が特集を組んでいる印象があるのですが、美男についてはあまり聞かないような気がします。どんな美男に会えるのか気になりますね。

ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

ゴッホに魅了された一人の収集家に焦点をあてた展覧会です。彼女が集めてきたゴッホとその軌跡をたどるような展示構成になっているそうです!

ハリー・ポッターと魔法の歴史

これはハリーポッターが好きな人にはたまらないやつですね!私も多少知っているので非常に興味があります。

聖徳太子 日出づる処の天子

確かに誰もが知っているけれど、その実像はあまりわからない…。聖徳太子はそんな存在かもしれません。これを機に詳しく知るのも良いかもしれませんね。

鳥がトリであるために

鳥の展覧会です!鳥類の特徴や骨格など、たくさんの鳥たちとその生態を紹介してくれるのだとか。鳥好きにはたまらない企画ですね。

イスラーム王朝とムスリムの世界

知っているようで全然知らないイスラームの文化を視覚的に知ることができそうな展覧会です。未知の何かに出会えるかもしれません。

ポケモン化石博物館

この展覧会を知った時、最高の企画だと思いました。ポケモン好きも化石好きも、どちらも好きな私のような人間も、みんなが大興奮できるような熱い展覧会になりそうですね。

アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人

70歳を超える女性アーティストにスポットをあてた展覧会。この美術館らしいなぁと思います。様々なアートを通じて感じられる力とは何か、実際に観に行きたいですね。

グランマ・モーゼス展―素敵な100年人生

展覧会概要を読み、そして公式サイトに載っている少しの作品を見て、とても惹かれるものがありました。自然やのどかな暮らしを愛していたというモーゼスおばあさんが描いた世界、観てみたいです。

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」

一目見ただけで引き込まれる魅力とパワーを感じます。これは画面ではなく実際に自分の目で見てみたいですね~。

古代エジプト展 天地創造の神話

サイトを見るだけでも気合いが入っていることがわかるこちら、来年12月までの長期間、4か所の施設を巡回する展覧会です。オリジナルアニメーションがあったり空間にこだわったり、その他随所に見られるこだわりポイントがとても気になります。

ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展

みんな大好きエジプト展!ということでこの展覧会とは別にもうひとつエジプト系の展覧会があるのですが(それはまた別のところでご紹介します)、公式サイトには「従来のエジプト展とは一線を画した新たな展覧会」と書かれていて期待が高まります。長期にわた…