ワクワク展覧会情報

気になる展覧会の情報を見て私がワクワクするブログです♪

2023.1

名品展 国宝「紅白梅図屏風」

屏風って…良いですよね!!!

家康と東海道~どう描いた広重~

東海道を軸とする展覧会は様々な施設でたくさん開催されているように思いますが、家康との関わりにスポットを当てるとは…面白そうですね!

大阪の日本画

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【概要と見所】 概要 見所 花開く大阪文化 150点以上の作品集結 【公式SNS】 【場所と会期】 【公式サイト】

SKY GALLERY EXHIBITION SERIES vol.5『目 [mé]』

高いところから眺める渋谷の街が好きです。歩いている人たち一人ひとりに人生があると思うと不思議な気持ちになります。

吉祥展2023 うさぎとカメ

2023年は卯年なのでウサギにちなんだ企画を行う施設は多いですが、こちらはウサギ&カメです!

卯づくし─干支を愛でる─

美術の中のウサギたちに会いに行きましょう!

博物館に初もうで

「兎にも角にもうさぎ年」という副題が付けられています。私たちの暮らしの中でも馴染み深いうさぎと共に、軽やかに新年をスタートさせたいですね。

遊びの美

遊びと美。繋がりのあるものとして考えることは少ないような気もしますが、実は近いところにあるものなのかもしれません。

デザインスコープ―のぞく ふしぎ きづく ふしぎ

「デザイン」というレンズ…このフレーズだけで興味をそそられます。デザインとは、アートとは。

名画の感触 絵を見て感じる手ざわり

絵画鑑賞とは関係のなさそうな「触覚」を意識する展覧会とは面白いですね!

マリー・クワント展

ファッションに詳しくない私でも名前を知っていて商品のイメージもなんとなくわかる。そんな凄い人物の日本では初めての回顧展です。

Let’s Travel! 絵の中を旅しよう!展

元より美術鑑賞というものは別世界に思いを馳せたり空想に耽ったり、そういう楽しみ方があるものだと思います。美術館で旅行気分…良いですね!

雰囲気のかたち─見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

「雰囲気」…とても興味深いテーマです。日常生活でも割とよく使う言葉だと思いますが、それは何なんだと問われたら意外とわからないかもしれませんね。

パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂

煌びやかな展覧会かと思いきや、それだけではなくしっかりと地に足ついた印象を受ける展示内容でとても気になります。

150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物

現在「国宝展」開催中の東京国立博物館が別会場で面白そうな企画を始めています。みんなが残したい未来の国宝とは!?

おいしいボタニカル・アート ー 食を彩る植物のものがたり

美味しいものが大好きな者として非常に気になる展覧会です。美味しいアート!

特別展「毒」

こんなの楽しくないわけがない。老若男女みんな大好き「毒」をテーマにした展覧会!会場でどんな毒に出会えるのでしょうか…。

ヴァロットン ― 黒と白

好きな色は黒と白。そんな私が気にならないはずがないテーマの展覧会!

ときめく石 -色と形が奏でる世界-

ときめく石に出会いたい!

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

館外でこのようにまとまった形でコレクションを紹介する展覧会が開かれるのは初めてとのことです。またとない機会ですね!

動画クリエイター展

YouTubeはよく見ているので非常に興味深いテーマの展覧会です。発信する側の人たちが動画を完成させるまでの過程も気になるところ。

鉄道と美術の150年

日本の鉄道が今年で150周年とは知りませんでした!東京駅の中にあるこの美術館だからこそできる企画ですね!

アンディ・ウォーホル・キョウト

かつて京都を訪れたことがあるというアンディ・ウォーホル。京都との関係も掘り下げるというこの展覧会、日本初公開作品も多数あるそうでとても気になります。

WHO ARE WE 観察と発見の生物学

「私たちは 誰なのか」という印象的な言葉がポスターに書かれています。ここで言う私たちとはヒトのこと…でしょうか。私たちは…誰なのか。

展覧会 岡本太郎

私も恥ずかしながら《太陽の塔》しか知りません…。彼の生み出してきたもの、人生、全身で浴びに行きたいです。

特別展アリス─へんてこりん、へんてこりんな世界─

英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館を皮切りに世界巡回中の展覧会が日本にもやってきました!魅惑の不思議な世界へ…いざ!

ルートヴィヒ美術館展

「20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」という副題が付いています。作品寄贈に関わったコレクターに焦点をあてるという展覧会、ドイツ美術も気になりますね。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

ゴッホの色彩や世界観を浴びることができる展覧会!これは行きたい!!

ピカソ ― ひらめきの原点 ―

ピカソに焦点があたる展覧会はそれほど多くない気がするので、これはとても貴重な機会ですね!

兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

公式サイトをざっと見たかんじ、中国史を多少知っていないと楽しめないかも…と少し思いましたが、そのあたりどういう見せ方をしてくれるのか気になります。