ワクワク展覧会情報

諸事情により2024/6/10以降の更新を停止しております

3.11とアーティスト:10年目の想像

f:id:kishiro100master:20210221005838j:plain


 

【概要と見所】

概要

公式サイトより

2021年3月、東日本大震災から10年目を迎えます。
当時自らも罹災し、臨時の避難所となった当館では、2012年に展覧会「3.11とアーティスト:進行形の記録」を開催しました。同展では震災を受けてアーティストが行ったさまざまな活動を、芸術であるか否かを問わず、時間軸に沿って紹介しました。大規模な災害を経験したばかりの頃、アートの意味や役割が問い直されるさなか、アーティストらがとった行動の大半は、支援と記録を主眼に置いたものでした。
あれから10年。アーティストたちは今や「作品」を通してあの厄災に応答しています。

本展では「想像力の喚起」という芸術の本質に改めて着目し、東日本大震災がもはや「過去」となりつつある今、あの厄災と私たちをつなぎ直し、あのとき幼かった世代へ、10年目の私たちへ、そして後世へと語り継ごうとする作品群を紹介します。

今年はこういった展覧会が多くなりそうだなぁと、ぼんやりと考えました。芸術の本質とは何か、芸術の存在意義とは。そんなことを考える機会になるかもしれませんね。

見所

想像力

公式サイトには、ものごとを想像する/させることはそもそも芸術の重要な仕事の一つではないか、という問いが書かれています。深い問いだと思いますが今一度考えてみたいことです。

“10年”という時間

絵画だけでなく映像作品等、様々な作品が展示されているとのこと。どれも10年という時間を感じさせるものなのだそうです。変わるもの、変わらないもの、その違いはどこにあるのでしょうか。

【公式SNS】

改めて…もう10年が経ったのですね…。私の中では過去の出来事という感じがしないのですが、今生きている人たちはどう感じているのでしょうか…。 

案内役としてのしおり、良いですね。

【場所と会期】

2021/2/20〜2021/5/9

水戸芸術館 茨城県水戸市五軒町 1-6-8

【公式サイト】

www.arttowermito.or.jp

 

~ランキング参加中♪良かったら押してみてください~

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村