ワクワク展覧会情報

諸事情により2024/6/10以降の更新を停止しております

美しい人びと 松園からローランサンまで

 

【概要と見所】

概要

公式サイトより

「美人画」 という言葉が一般的になったのは明治期以降ですが、美しい女性像は古くは神や仏の姿、また正倉院に伝わる唐時代の女性図などに見出すことができます。
そして、在原業平や光源氏、源義経など物語に登場する魅力的な男性像も、多く絵画や工芸などに描かれてきました。
今展では、上村松園、伊藤小坡、鏑木清方、伊東深水ら人気の高い「美人画家」たちの作品とともに、江戸時代から昭和時代の日本の絵画と工芸、そして近代の西洋絵画にあらわされた、年齢や性別にとらわれない美しい人びとをご紹介いたします。

年齢や性別にとらわれない…という部分が気になりますね。美しい人とは何か…それは時代や個人の感覚によって決まるものなのかもしれません。

見所

美しい人たち

展覧会名にも「人びと」とありますが、展示作品に描かれた美しい人たちは女性だけではありません。いつの時代にどんな場所でどのような人たちが「美しい人」として描かれたのか。それを観るだけでも面白そうです。

【公式SNS】

繊細な美しさを感じますね~。

【場所と会期】

2023/2/21〜2023/6/4

松岡美術館 東京都港区白金台5-12-6

【公式サイト】

www.matsuoka-museum.jp

 

~ランキング参加中♪良かったら押してみてください~

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村