ワクワク展覧会情報

諸事情により2024/6/10以降の更新を停止しております

日本のたてもの ー 自然素材を活かす伝統の技と知恵/古代から近世、日本建築の成り立ち

f:id:kishiro100master:20201202234129p:plain

<広告>美術館や博物館の割引チケットもたくさん♪

みんなの優待-130万件以上の割引クーポン使い放題!割引優待サービス

【概要と見所】

概要

公式サイトより

本展は、1964年の東京オリンピックに併せて当館で開催された「日本古美術展」出品模型や、文化庁が国宝・重要文化財建造物を修理する際に、形態、技法などを検討し、その技を伝承するために製作してきた模型を活用し、古代から近世までの日本建築の成り立ちについてご紹介します。

この「日本のたてもの ー 自然素材を活かす伝統の技と知恵」という企画は、ここ東京国立博物館、国立科学博物館、国立近現代建築資料館の3施設で行っているコラボ展覧会のようなものです。会場ごとに違ったテーマから日本の建築について取り扱うという面白いプロジェクトです。

見所

トーハクで学ぶ建築

東京国立博物館、通称トーハクは日本の仏像や刀、甲冑、古美術など、たくさんの展示物を擁する歴史ある博物館ですが、公式サイトで「たてものめぐりコース」という見学プランを紹介しているほど、施設内にたくさんの建物があります。

ここには数回しか行ったことがない身ではありますが、まだすべてを見学することはできていません。そんなトーハクは古代から近世の日本建築、その成り立ちについて取り扱うとのこと。この博物館の得意分野な気がするので楽しみですね。

【公式SNS】

見て初めてわかるものってありますよね!

 想像以上に模型が凄そう…!!

【場所と会期】

2020/12/24〜2021/2/21 ☆このページはこの展覧会について書いています

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

2020/12/8〜2021/1/11 

国立科学博物館 東京都台東区上野公園7-20

2020/12/10〜2021/2/21 

国立近現代建築資料館 東京都文京区湯島4-6-15

【公式サイト】

tsumugu.yomiuri.co.jp

www.tnm.jp

~ランキング参加中♪良かったら押してみてください~

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村